• ナマケモノ店主

違和感

July 1, 2018


巷に溢れる「みんな、つながろう!」みたいな雰囲気を醸し出す、あえて言うなら『コミュニティ創造系』とでも呼ぶのだろうか?そんなイベントやキャンペーンがたくさんある。 (こういう呼び方さえもイマドキという感じで、あまり好きにはなれないのだが)

その醸し出す雰囲気の条件ってなんだろう?

*みんな *平等 *ほのぼの *やさしさ

*てづくり *自然 *環境 *若者 *家族 *子供 *芸術 *人間

きっとまだまだあるのかもしれない。 こうしたイベントのテーマはここ数年、ずいぶんと目にするようになってきているけれども、あきらかにムーヴメントであるだろうし、どこか耳障りのいいファッションになっている。

そして根底にあるのは、行き過ぎた感を演出する「資本主義」「物質主義」へのアンチテーゼであるかのようだ。

これらのムーヴメントを真っ向から反対しているのではない。

大きく違和感を感じるのは、二項対立でものごとを捉えてしまう思考パターン、つまりアンチテーゼというものは何かの対局でしかなく、人々がそれに向かって一斉に突き動かされていく様子なのだろう。

*みんなと個人 *平等と不平等・格差 *てづくりと工業製品 *自然と環境破壊 *人間とAI・コンピュータ

おそらく現実的な問題への不安感が、こういうムーヴメントを起こさせるのだろうが、これっていつの時代にも起こってきたことで、下手をすれば戦争へと進んでみたりもしたし、革命や暴動へと進んでみたりもした。

だから、どっちに転んでも違和感が溢れ出してくるのだ。 SNSが出てきたことで、それらは加速した。もちろん便利だし、世界が大きく広がったことだけは間違いない。

重要なのは世の中の現象を俯瞰して見つめ直し、全体の構造がどうなっているのかを考えることでなにかに絡め取られない生き方ができるのではないだろうか?

29回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナウィルスの情報と行動

1月に入って、新型コロナウィルスに関するニュースは日に日に大きく取り上げられるようになり、最近はニュース番組のみならずバラエティ番組でもこの問題が全てだと言わんばかりにマスコミは騒いでいる。 薬局をはじめとして、コンビニやスーパーからはマスクが店頭から消え、毎日少量ずつ入荷しても開店5分以内に売り切れる有様。 さらには昨日のニュースでトイレットペーパーが不足するというデマに踊らされた、かなり頭の悪

もしもこんな名前の店があったら?

車を運転中に変なことを思いついた!!! (じつはこういうことはしょっちゅうあります。妄想癖というやつです) もしも、店の名前が【◯△&?*♪】だとしたら・・・これをなんと呼びますか? マルサンカクアンパサンドクエスチョンアスタリスクオンプ? ムニョミギャプリマケチョ もちろん意味なんかないです。 読み方もないです。 そうなんです! 私達には一人ひとり名前がついていますし、周囲のものに