• 店主 19th Uramoemon Futami

過去にとらわれないために

『人を好きになる(好かれる)のは簡単である。その人が未来を目を輝かせればよいだけだ。人を嫌いになる(嫌われる)のは簡単である。その人が過去に囚われ、そこから脱却できないときだ。』 この言葉は世界的に有名なナマケモノの親分の言葉です(笑) 人はなぜ過去に囚われやすいのでしょうか? これはホモ・サピエンスが進化の過程で獲得してきた能力なのだと言われています。 いつ猛獣に襲われたり、飢饉が発生したりして、命の危険に晒されることが日常だった古代においては、過去の経験から未来を予測し、その情報を他人と共有することが最も重要だったわけです。 その目に見えないもの、現実にはないものを、イメージとして相手に伝える能力こそがホモ・サピエンスが地球上にはびこることができた要因ではないかと考えられているわけです。 しかし、現代において戦争でもない限り、死というものが日常の体験の中にはほぼなくなっております。つまり、少なくとものこの日本において死とは縁遠い体験なんですね。 ですから、なかなか死なない。


しかし、環境が大きく変化した現代においても、まだまだヒトの脳のなかは必要なくなった能力が何かしら私達の行動に影響を与えてしまっているわけです。 過去の記憶(=脳の中では電気信号)によって、自分の評価をしてしまう。たとえば、子供の頃に親から言われた言葉によって、「自分は恥ずかしがり屋で、言葉数が少ない」と言われたとするとその影響が脳に刻み込まれて、それが自分だと思ってしまう。 もう大人になってもその人は自分で作り上げた「恥ずかしがり屋」のイメージから抜け出せなくなってしまうものなのです。

しかし、環境が大きく変化した現代においても、まだまだヒトの脳のなかは必要なくなった能力が何かしら私達の行動に影響を与えてしまっているわけです。 過去の記憶(=脳の中では電気信号)によって、自分の評価をしてしまう。たとえば、子供の頃に親から言われた言葉によって、「自分は恥ずかしがり屋で、言葉数が少ない」と言われたとするとその影響が脳に刻み込まれて、それが自分だと思ってしまう。 もう大人になってもその人は自分で作り上げた「恥ずかしがり屋」のイメージから抜け出せなくなってしまうものなのです。

その過去の記憶って重要でしょうか? 一旦、そういったものを捨て去ってしまえば、あなたはもっと自由になれると思います。


「でも、そんなことできるの?」


あなたは言葉によって洗脳されたわけですから、もう一度別の言葉で洗脳しなおせばいいんじゃないでしょうか?


自分に向かって何度もこう言うわけです。 「周囲の人達ともっとすぐに仲良くなりたいと本当は思っているのだ。だったら、そんなの簡単だ。笑顔で話しかけるだけじゃないか?私ならそんなの簡単だ。」


言葉には魔力が潜んでいるってよく言うでしょ? それを逆手に取ってやりましょう。 脳は意外にもすぐに騙されます。

最新記事

すべて表示

新型コロナウィルスの情報と行動

1月に入って、新型コロナウィルスに関するニュースは日に日に大きく取り上げられるようになり、最近はニュース番組のみならずバラエティ番組でもこの問題が全てだと言わんばかりにマスコミは騒いでいる。 薬局をはじめとして、コンビニやスーパーからはマスクが店頭から消え、毎日少量ずつ入荷しても開店5分以内に売り切れる有様。 さらには昨日のニュースでトイレットペーパーが不足するというデマに踊らされた、かなり頭の悪

時間の流れを考える

前回、「過去にとらわれないために」という記事を書いた。 自分を肯定的に捉えたり、他人を好きになるために過去の自分へのレッテルを捨ててしまえ!という気持ちで書いたのだが、今回はその過去を捨てやすくするための考え方をお伝えしましょう。 時間の流れって、過去から未来へと流れているとあまり意識せずに当たり前のこととして思い込んでいるだろう? でも、「なぜ?」 常識を疑うことも、過去を捨てる一つの方法ではあ

ナマケ時間は自分で作る ムリ!って言わない

自分のやりたいことをとことん書き出しなさいと言いましたが、多くの人はそれを書いてみてからこう口にします。 「でもなぁ、子供がいるからムリでしょ。」 「会社の仕事との両立は時間的にムリよ。」 「そんなこと言ったら、家族からなんて言われるか?」 「きっとご近所から変な目で見られるにちがいない」 「すごくアイデアはいいと思うけど、現実問題お金がないから」 これすべて『やらない理由』を言っています。