水を食べるレストラン

越前大野の地下水は周囲の山々に降った雪や、田んぼ、森に降った雨が地下に浸透して、それが20〜30年ほどろ過されながら湧き水として地表近くに現れる。 水がめの上に大野の街があるようなイメージだ。 その水は飲水以外にも生活用水としても使われる。 水の旨さは天下一品と言っても過言ではない。 その水のうまさと大切さを再認識する大野市の試みが「水を食べるレストラン」である。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示