水を食べるレストラン

越前大野の地下水は周囲の山々に降った雪や、田んぼ、森に降った雨が地下に浸透して、それが20〜30年ほどろ過されながら湧き水として地表近くに現れる。 水がめの上に大野の街があるようなイメージだ。 その水は飲水以外にも生活用水としても使われる。 水の旨さは天下一品と言っても過言ではない。 その水のうまさと大切さを再認識する大野市の試みが「水を食べるレストラン」である。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨入りしたような、してないような曖昧なお天気が続きます。 それでも植物たちは日々成長し、実るわけです。 そして、今年も美しい麦秋の季節。 昨年の晩秋に植えられた六条大麦が美しく実ってくれました。 ちなみに福井県は六条大麦の日本一の産地です。

これまで当サイトからのご予約は当店独自サイトからのご予約でしたが、本日よりBooking.comとの連携となりました。 より快適なご予約ができるようになりました。 また、宿泊プランも随時充実させてまいります。 手始めとして平日連泊プランをつくりました。 とってもお得なプランです。 お仕事など長期滞在の方におすすめです。