• 店主 19th Uramoemon Futami

梅雨明け〜〜〜

待ちに待った夏がやってきた!! ジメジメとした陰鬱さからの解放は、さながら自由への羽ばたきのようである。 そして、いまだ鎖骨の骨折は完治していないのであるが、そこは多動性障害?的な突発的衝動によって「よし、山に登ろう!」と決意。 さてさて、どこに登ろうかと悩んだ挙げ句、選んだのは銀杏峰(げなんぽう)。 大野市の南側に位置し、すぐとなりには池田町にそびえる部子山。 ここからは百名山の荒島岳や経ヶ岳、天気が良ければ白山も望めるらしいということで、早朝から登れば楽に帰ってこれるという判断。


夜中に登山口のある宝慶寺いこいの森のキャンプ場にスタンバイ、そのまま4時過ぎまで仮眠をとって明るくなったら登ろうという算段。 しかし、4時前くらいに社内にマットだけ敷いて寝ていたら、朝方寒くて目が覚め、寝袋を出してきてくるまったらなんと気持ちのいいことか。 そのまま爆睡。目が覚めたら8時だったいうオチ。 では、今回は動画でその模様をお楽しみください。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

川遊びは子供のころの記憶をたどることである

ナマケモノでは夏のアウトドアアクティビティとして「川遊び」をアテンドいたします。 美しい渓流、透き通った水、青空に浮かぶ白い雲、緑の木々に囲まれた大野ならではの景色の中で、お茶をしたり、ランチをしたり、川遊びに興じたり、釣りを楽しんだりと、1日をせせらぎの音の中で過ごす「川遊び」。 これはもう子供の頃にかえったような、古い記憶を刺激するような心地よい体験。 【定員】2名様まで 【時間】午前1