• 店主 19th Uramoemon Futami

冬が来る前に・・・

ナマケモノもオープンから6年の歳月が経ち、そろそろ次のステップに入ろうとしている。 しかし、ビジネスのことだけではなく、自分自身のライフスタイルも少し変えてみたくなってきた。 先が見通せない時代だと言われて久しいが、いつの時代にも、言い換えれば有史以前から「そのときどきの環境の変化に対応しなければ、生き残れはしない」ということ。 老舗というのは伝統を守り続けているから老舗になったのではないということ。 周囲の少しの変化を機敏に捉え、その変化にマッチするよう自分たちが変わり続けるからこそ、自然界でも人間社会でも生き残るのだ。 『適者生存』というのはそういうことだ。 しかし、「強者」が残るのではない。 「弱者」であっても環境適応能力が高ければ、しなやかに生き残るのだ。 ナマケモノという動物がそうであるように。 そういったことを踏まえて、自分のライフスタイルを変化させてみようと思う。


基本的な考え方だけは変わらないのだが、「やりたいことをガマンしない。」 それでいて細く、長く生き延びることを根底に、以前から考えていた「住みたいところにちょっと住む」を実験的にやってみたい。 雪国に住むこと 日本の地方に住むこと 人口減少ってなにか? 定住するって本当に大事なことか? もしかすると、この先日本がこのまま定住や定職であることに生活の基本を置いてしまうことで不都合が出てこないのか?という疑問が常々心の片隅にあった。 世界ではより孤立化へと舵取りする主導者が増え、それに追随してしまう支援者たち。 『他』を受け入れず、それを『愛』だと表現する手法は本当に正しいのか? ノマド的に移動し、生活し、文化を享受し、他と交流する。 そして、また他を受け入れる。 2018年冬! 12月12日から3月19日まで、ナマケモノをクローズして、雪深い大野をあとにして、さらに寒い北海道で生活してみます。

298回の閲覧

Name came Ono

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • ホワイトInstagramのアイコン

福井県大野市篠座町7−2

fish.in.the.deep.blue@gmail.com

Cafe Time   11時〜17時  19時〜22時(木金土のみ)

​定休日:金曜日

2012 - 2018 All Rights Reserved   SLOTH Republic Company