• 店主 19th Uramoemon Futami

ナマケ時間は自分でつくれ! 計画編

妄想はまだまだ漠然としたイメージでしかない。 こういう漠然としたイメージだけでは、ほぼ実行に移すことはない。 なぜなら、そのイメージはあなたのモチベーションにはなりえないからだ。 単なる夢とさほど変わらないのだ。 見ただけで忘却のかなたへ去っていってしまうのだ。 で、大事なのが具体的にイメージしたものを、ノートに書き出すのです。 思いつくままに、「ああしたらいい!」「ここはこういう人が来るだろうから、こうしてみよう!」 とにかく乱雑でもいいから、思いつく限り書き出してみる。 頭の中で自分がその現場にいることを想像しつつ、細かなイメージを文字なり絵にしてみることだ。 そうすることで微に入り細に入り、あたかも現実を見ているかのようなイメージができあがってくる。


そして、そのあとは書き出したイメージやアイデアを分類分けしてみよう。 たとえば、お店を開業してみたいというイメージだったとしたら・・・ 1)店内の内装 2)店の外装 3)お客様について 4)客席について 5)作業について このように書き出したものを分類分けしてみよう。 もしかすると、1の内装については20個のイメージやアイデアがあったけど、5の作業については1つしか出てなかった場合、もっともっと考える必要があると思うことだ。 これができあがってくると、そろそろ事業計画にうつってもいいだろう。 つまり、自分のやりたいことを明確化し、計画化していくことで、それを考えている間はかなりワクワクしているはずだ。 脳の中ではなにか起こっているかと言うと、ドーパミンという物質が分泌されて【ワクワク】という感情を引き起こしているのだ。 ワクワク感を楽しくないという人はいないはずだ。 もしかすると、心臓の鼓動が大きくなり、体温が上昇し、手に汗を握るような状態になるかもしれない。 そうなれば、そのワクワクする時間は自分にとっての好ましい時間ということになるだろう。

0回の閲覧